副業を時給換算すると効率が分かる

副業ライターを目指しているトシハルです。

とりあえずランサーズに登録して、「初心者OK」となっている仕事を一つ受けてみました。1500文字以上で、指定されたテーマについて書く仕事です。

本業があるので毎日長時間作業できるわけではありませんが、少しでも進めようと毎日PCには向かっています。調べ物をすることが多くて、思ったより大変ですね。書き方の勝手もわからないので、なかなか時間がかかっています。

そもそも仕事をもらうまでも結構苦労した(登録や提案)のですが、実際の作業でもこんなに苦労しているとなると、時給換算すると本当にひどいものになりそうですね。

うそ……僕の作業効率、悪すぎ……?

世のライターさんたちは、このくらいの文量ならササッと書いてしまうんでしょうね。数千文字くらいは当たり前に書いてしまうとか。そうしないと時給換算ですごい効率悪くなってしまいますから当然と言えば当然ですが。(コンビニのバイトの方が稼げるということになってしまうのは悲しい……。)

こういう副業をする上で、「アルバイトする方が手っ取り早く稼げるのでは?」というのは一つの大きな壁ですよね。1500文字1500円なら、1時間で書けば時給1500円ですが、2時間かかったら時給750円で首都圏の最低賃金を下回ってしまいます。

この状況を脱するためには、スキルを付けて良い記事を納品して、高評価を得て、高単価の仕事を受けていくしかないんだと思います。ラットレースを続けるのは嫌ですからね。

もしライティングで頭角を現すことができたら、自分でメディア持ったりとか、ゆくゆくは寄稿したり本を出版したりとかできるかなとちょっと夢を見ていましたが、そんなに甘い話もないです。まずはしっかりと自分のスキルと経験を固めていくところから地道に進んでいかなければいけないんだと実感しました。